Gaden of doragon king

Cover

Gaden of doragon king: Exploring the early Yayoi period of Suwa (Japanese Edition)

Book Details

Author  shiryu and umi
Publisher 
Publication Date   March 2, 2018
ISBN 
Pages  70

Description

華々しい縄文文化の影に隠れてしまったような感がある諏訪の弥生時代。
諏訪において、それは空白であったわけではなく、重要なものは確かに発見されてはいます。
しかし、何故かそれほど注目されることはありません。ゆえに、諏訪大社の起源を縄文に求めようとする考えまでが現われます。それについて私は断言します。「ありえない」と。
 そこで、諏訪大社の起源であるはずの、諏訪の弥生初期という時代を探ってみようと思い立ち、私の愛しい娘「うみ(ウサギ)」と一緒に、みなさんを、「真実を探る時空の旅」へとご案内いたします。
 まずは、現在明らかとなっている考古的事象を目印に、そこにある土器や墓の系譜を追い、やがて見える行き先の、弥生墓群の姿を確認し、それらと諏訪に残された何かとの類似を比較いたします。諏訪に残された何かとは、拙著前作に引き続き、中世の山城と認識されているものでした。
 そんな中で、未確認の諏訪の弥生墓群を推定。そこにはやはり、諏訪大社の起源に関わる大人物達の姿が見えてきます。
 そんな時空の旅へのご同行を、娘共々お待ちしております。
 
ブログもご確認してくださいませ。「竜王庭園・諏訪の景色と散歩道」
http://blog.livedoor.jp/takeminakata1120/

Customer Reviews

Blacklist